ピン フーファー ライト

PING Hoofer Lite

ストラップコネクターのデザインが大幅変更。使い勝手の良さに定評があるピンオリジナルの軽量スタンドバッグ。今作では2つのストラップを繋ぐコネクターのデザインが一新されており、今まで以上にスムーズな調整が出来るようになっています。

続きを読む

また前作同様、ショルダーパッドには夏でも蒸れにくい「センサークール」テクノロジーが採用されており、長時間のプレーでも疲労が溜まりにくいよう大きなクッション付きヒップパッドも搭載。セルフプレー天国のアメリカらしい、痒いところまで手が届く計算され尽したキャリーバッグです。

  • 口径9インチ
  • 重量約2.4kg
  • 頑丈・軽量なポリエステル製
  • クッション性のあるヒップパッド
  • 取り出しやすいドリンクポケット
  • 持ち運びが楽なハンドル付き4分割トップ
  • バックパックのように背に担ぐことが可能
  • コンクリートなどの滑りやすい地表でもレッグ部分をしっかり固定可能
  • 担いでいる最中にレッグ部分をバッグに固定するリテンションシステム

4分割トップ

価格 オープンプライス
特別価格 \24,000 (税込\25,920)
Black(2018年モデル)

商品特徴:ピン フーファー ライト

A Special Feature of PING Hoofer Lite
特徴その1:ピン(PING) フーファー ライト

頑丈で使い勝手の良いハンドル付き4分割トップ。
グリーン周辺でのちょっとした移動の際にも便利です。

ピンのキャリーバッグは使い勝手の良さで評判ですが、それはセルフプレー大国アメリカならではとも言えます。トップの4分割トップには頑丈なハンドルが設けられており、グリーン周辺で邪魔にならないようちょっとした移動をする際に大変便利です。

特徴その2:ピン(PING) フーファー ライト

人間工学に基づくデザインで再設計されたストラップコネクター。
肩パッド部分にはセンサークールテクノロジーを採用し快適なプレーを。

ダブルストラップになっているため、バックパック(背負う)スタイルで持ち運べるのはピンのキャリーバッグを愛用されている方なら皆さんご存知のはず。しかし今回のフーファーライトでは、より洗練されたデザインで調整が容易な新ストラップコネクターを採用しています。また肩に直接当たるショルダーパッドには、蒸れを防いでくれるセンサークールテクノロジーを搭載。暑い日のセルフプレーでも肩口を快適に保ってくれます。

特徴その3:ピン(PING) フーファー ライト

大きなヒップパッドのお陰でラウンド後半でも疲労度軽減。
ラウンド中手の届きやすい場所にあるボトルポケットはピンのこだわり。

バッグ側面には大きなクッション付きヒップパッドが。体へ接触する部分にクッションを設けることで快適なプレーを約束します。またフーファーライトのウォーターボトルポケットは、ラウンド中常に手の届きやすい場所に来るよう計算して配置されています。ボールの位置に向かって移動している最中でも簡単にドリンクを取り出して水分補給することが可能です。

基本スペック:ピン フーファー ライト

Spec of PING Hoofer Lite
- - -
重量kg 約2.4
素材- ポリエステル
トップ分割数- 4
ポケット数- -
ドリンクポケット- 有り
口径inch 9.0

お客様レビュー(感想):ピン フーファー ライト

Customer Review of PING Hoofer Lite

お見積もり・購入:ピン フーファー ライト

Order of PING Hoofer Lite
商品名 ピン フーファー ライト
※ネームタグは付属しませんのでご注意ください。

このページについて呟く このページをフェイスブックで友達に紹介する